Case: Swipe Night

マッチングアプリ・Tinderがリリースした、「RPG型出会い系」ともいうべきエポックメイキングな施策をご紹介。

Tinderの特徴的なインターフェースである「スワイプ式選択」を活用し、世界の終末を“2択”で生き抜くRPGゲームをリリース。さらにその結果を通じて「より自分と気の合う相手」とマッチングする仕組み作り上げたのです。

そのゲームの名は、「Swipe Night」。

スタートボタンをタップすると、「世界が終わる前に3時間だけ猶予を与えられた」という設定のムービーRPGがスタート。いつも通りTinderを使う要領で画面をスワイプしながら、プレーヤーは「終末を生き残る」ための選択肢を選んでいきます。

「道端で倒れている彼を助ける? 無視する?」

「彼女の車を奪う? それとも乗せてもらう?」

「子犬を助ける? 彼女を助ける?」

選んだ選択肢によって、ストーリーはどんどん変化していきます。

さらに面白いのが、「自分と同じ選択肢を選んだ人」という条件で絞り込まれたマッチング機能。

自分の選んだ選択肢はログとしてアプリに表示され、タップすると、「自分と同じ選択肢を選んだ人」が表示される仕組みになっています。

気に入った相手をスワイプしながら選んでいくというTinder従来の機能を使いながら、より自分と気の合う相手を探し出すことができるのです。

「Swipe Nightは、人の“正直な性格”をあぶり出す画期的な仕組みだ!」と、テックメディアのmashableもこの仕組みを絶賛。

ゲームステージは毎週日曜の夜に追加され、さまざまなストーリーを楽しみ続けることができます。

しかも、ステージムービーは映画クオリティで撮影された本格的なもの。

ドラマとしても見応えのある映像で、スワイプRPGの世界に没入することができます。

SNS上では、さまざまなインフルエンサーたちが「Swipe Night遊んでみた動画」を投稿。

配信テレビ番組としても、人気コメディ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」や、恋愛リアリティーショー「バチェロレッテ」に匹敵するほどの再生回数を記録しました。

「NetflixやAmazon Prime Video、Huluが束になってもかなわないほどの強力コンテンツが生まれた!」

この企画トータルで、実に310億ものインプレッションを獲得。

さらにTwitterのアクティビティは16.4倍に急増。

マッチング率も26%上昇しました。

Tinderの代名詞とも言える「スワイプ」インタフェースをハイクオリティのドラマコンテンツと合体させ、これまでに見たことのない「RPG型ドラマ」、さらに「RPG型出会い系」へと進化させてしまった「Swipe Night」。自らの持つエンゲージメント力を最大限に高めた、秀逸な仕掛けでした。

(via Activation Ideas)