Case: Street Vet

ペットフードブランド・PURINAがフランスで行った、秀逸なOOH施策をご紹介。

飼い犬の散歩場所として人気の場所に、尿検査機能を持つサイネージを設置。「健康診断できる、犬用公衆トイレ」として機能させたのです。

フランスでは毎年、100万頭もの犬が、動物病院での健康診断を受けないまま過ごしているそう。

これは犬たちの健康に直接影響を及ぼすだけでなく、知らないうちに未知の病気が拡散されるリスクにもつながります。

実際は、たった1滴の尿を見るだけで、犬のさまざまな健康状態が把握できるのです。

簡単でありながらなかなか徹底されていない健康診断を浸透させるため、PURINAは「犬におしっこをさせるだけで、健康診断ができるサイネージ」を開発。犬の散歩コースとなっている街角に設置しました。

使い方は簡単。散歩の途中、飼い犬にサイネージへおしっこをさせるだけ。

サイネージに内蔵された検査機器が自動で尿検査を行い、即時に診断結果を表示します。

Street Vetの技術を解説

このサイネージ、ただものではありません。同国の工業学校・YNCREAでの2年にわたる研究成果と、動物病院・VetParis7による監修による、まさに叡智の結晶なのです。その技術的な裏側を見てみましょう。


このサイネージでは、栄養失調・腎不全・糖尿病・尿路感染症といった疾患を検出することができます。

装置からは特殊なフェロモンを放出。犬たちの興味を引きます。

犬によって放たれたおしっこは、装置の足元にある滅菌空間へと吸い込まれます。

滅菌空間のなかでは、おしっこがスポイト状の機械によって試薬に垂らされます。


生じた色の変化をコンピューターカメラが解析し、診断結果を画面に表示します。


もしも健康状態に問題が見つかった場合は・・・

症状に応じたPURINAのダイエットフードを提案。

サイネージにスマートフォンをかざせば、検査結果をダウンロード可能。

そのまま画面を獣医に見せれば、より的確な診療を受けることができます。

「使用後」は自動的にクリーニング。他の犬も安心して利用できます。

犬を飼う人々にとって日課である散歩。そして、この途中に必ず発生する「トイレ」という行動。
ターゲットが「必ず行う」動線上に自らを溶け込ませ、普段の行動の一部としてアクションを誘発し、さらに公衆衛生にも貢献。
行動学的にも実によく設計された、秀逸な「仕掛け」でした。

(via Activation Ideas)