Case: Fibre. It’s how we internet now.

アメリカのインターネットプロバイダー・Chorusが制作した、ユニークなテレビCMをご紹介。
「回線の乱れは生活の乱れ!」とばかりに、遅いネット回線にありがちなことがリアルな生活で起こったら・・・ というシチュエーションを描き、光回線の快適さをアピールしたのです。

舞台は、ごく普通の住宅街。でもすでに、登場人物が何やらおかしな雰囲気です。

「ハーイ!調子はどうだい?」

「ボ・・・」

「・・・チボチだよ!」

新聞を開いても、記事がなかなか現れず・・・

愛犬のおもちゃも、宙に浮いたままクルクルと「読み込み中・・・」

「あれ、なんか画像乱れてない?」

「いや、もともとこういう顔なんだ」

気晴らしに垣根を切ろうとしても・・・

「くっ・・・手が動かな・・・」

「って、いきなり動いたり!?」

そんな様子を窓越しに眺める隣のファミリー。
「どういうこと・・・?」「つまり、そういうことよ。」

用意した物干しもうまく機能せず・・・

もう我慢の限界・・・となったそのとき、「ピンポーン」と玄関の呼び鈴が。

沈んだ顔で玄関のドアを開けると・・・

そこには隣のファミリーと、Chorusのサービスマンが。「こういうときは、こうすればいいのよ!!」

「そうすればいいのか・・・!!」

めでたく光回線が導入され、愛犬のおもちゃも小気味よく弾むように。

歓喜の涙を流しながら抱き合うファミリーたち。「こういうことなんだねぇ〜〜〜(泣)」

誰もが一度は経験したことのある、あのいまいましい低速回線のストレスを見事に描写。高速回線になってからの快適さがより鮮やかに、そしてわかりやすく伝わる、ユニークで秀逸なCMでした。

(via Adeevee)