Case:The Most Searched: A Celebration of Black History Makers

Google社がアメリカで実施したソーシャルキャンペーンをご紹介。

同社は、2月の黒人歴史月間にあたり、#TheMostSearchedのハッシュタグを掲げたキャンペーンを実施。
アメリカで検索データが最初に利用可能になった2004年1月1日から、2019年7月1日の間に最も多く検索された偉人を発表しました。

たとえば、「最も検索されたパフォーマンス」「最も検索されたダンク」「「最も検索されたテニス選手」「最も検索されたピューリツァー賞受賞者」などです。

本動画は、歴史を作ってきた黒人たちを讃えるために作られたとのこと。動画の最後は、「最も検索されたスピーチ」(キング牧師の“I Have a Dream”)で締め括られています。

昨今のBlack Lives Matter運動に限らず、差別問題については忘れることなく、今後も向き合っていくべきテーマだと感じさせられます。

さらなる検索結果は、以下の特設サイトでご覧いただけます。
https://about.google/stories/most-searched-black-history-month/?utm_source=g.co&utm_medium=referral&utm_campaign=blackhistorymonth