Case:Snapchat:TEAM UP MASK UP

シカゴ市が、居住者に公共の場でのマスクの着用を促すために行った画期的な施策をご紹介。

同社はソーシャルプラットフォーム・Snapchatで使用できる新しいARフィルターをリリースしました。このARフィルターは、ユーザーがマスクを装着している時のみロックを解除できるようになっているのです。

画像のように、マスクを着用していない場合は画面上には何も変化が起こりません。

しかし、マスクを着用すると画面上のマスクにデザインが施されます。デザインは複数切り替わるようになっていて、どれもシカゴをイメージさせるようなデザインになっています。

シカゴでは、最近ミレニアル世代やZ世代の感染が増えていることから、若者に人気のあるSnapchatを活用したとのこと。

テクノロジーとトレンドを掛け合わせたコロナ対策でした。

ARフィルターを使用した動画は以下からご覧いただけます。