Case: WEAR A MASK, NEW YORK

アメリカ・ニューヨーク市が新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のために行った公共キャンペーンをご紹介。
ホラー映画『13日の金曜日』の主人公・ジェイソンをモチーフに、一風変わったユニークなCMでマスクの着用を呼びかけたのです。

街角でタクシーを止めようとするジェイソン。

しかしタクシーは非情にも彼を無視。

「すみません、この近くに駅は・・・」『ヒッ!!!』

会う人会う人にことごとく避けられるジェイソン。

「なんでみんな僕を避けるんだろうか・・・」

なんとか駅を見つけ、電車に乗ろうとするジェイソン。

しかしその姿を見た男性が猛ダッシュ。

「なんで僕を見て逃げてったんだろう。今日は別に13日の金曜日じゃないのに・・・」

「こんにちは〜。今日はいいお天気で・・・」『ギャーー来ないで!!』

散々人に避けられ、公園のベンチで失意に沈むジェイソン。「僕の何がいけないんだ・・・」

するとそこへひとりの少女が。「ジェイソンさん、マスクをどうぞ。」

ここでやっと気づいたジェイソン。みんなが彼を避けていたのは彼がジェイソンだからではなく、彼がマスクをしていなかったからなのでした。

マスクごしにほほえみ合うふたりの姿で、CMは締めくくられます。

「マスクを付けよう。ニューヨーク市」

「マスクをしない人はジェイソンのような脅威である」という意味と「マスク(=ジェイソンのトレードマークであるホッケーマスク)をしなければ台無し(=彼はジェイソンでいられない)」という意味が込められている点にも注目。いささか極端なメッセージのようにも見えますが、マスク着用の習慣が日本ほどにない海外ならではの啓蒙キャンペーンといった感じもします。

(via Ads of the World)