Case:#LoveThatAutocorrect

アメリカのファーストフード店・Popeyes Louisiana Kitchenが、「夕食にピザのデリバリーは飽きた!」という人へ向けて、画期的な方法を提案。

動画は、家族のスマホ(ロックされていないもの)にちょっとしたイタズラを仕掛けるというもの。

まず、“Text Replacement”を検索。

次に、Phraseの部分に“POPEYES INSTEAD OF PIZZA”と入力。

続いて、Shortcutに“pizza”と入力。

準備はこれだけ。これを設定しておけば、「ピザ」が自動的に「ピザの代わりにPOPEYES」と変換されるようになり、たとえばスマホの持ち主が「ピザ食べよう」と打ち込もうとすると、自動的に「ピザの代わりにPOPEYES食べよう」と変換されるようになるのです。

ハッシュタグ#LoveThatAutocorrectをつけてSNSに投稿すれば、$5ドルの割引をゲットすることができるとのこと。

ユニークな方法で自社商品をアピールしたソーシャルキャンペーンでした。