Case:Heineken – Back to the Bars

コロナ禍によって長い間、飲食店や娯楽施設などの営業が自粛を余儀なくされていましたが、徐々に営業を再開できる場面も増えてきました。

そんななか、ビールメーカーのハイネケンがこれからのBARでの楽しみ方を提案した動画を作成。

営業が再開しても、今まで通りにBARを楽しむことは感染の危険性を高めてしまいます。BARの中では、ソーシャルディスタンスを保ちながら過ごすことが必要です。

席と席との間にスペースを設けることはもちろん。

ハグや握手の代わりに、肘と肘でハイタッチ。

乾杯の代わりに、“エア乾杯”。

トイレに行くなどすれ違う時には、お互いに距離を保ちながら。

誕生日のお祝いでもマスクをし、ロウソクを消す時は扇いで消します。

こうした方法でソーシャルディスタンスを保てていれば、BARで人と一緒にお酒を飲むことは十分に可能です。
方法は代わりつつも、楽しい時間は変わらない。ニューノーマルなBARでの楽しみ方を提案した動画でした。