Nutrition Cart

子どもの肥満が多いとされる中東地域。若年層の肥満率は、世界の平均と比べて2倍にもなるそうです。

健康な生活を送るには、栄養バランスの取れた食事が重要なのはもちろんですが、そのためには、具体的に何をどれくらい食べる必要があるのかを知っていなければなりません。

そこで世界最大級の食品メーカー・Nestleは、子どもたちに栄養学について楽しく学んでもらうためのキャンペーンをアラブ首長国連邦で実施しました。

フランス系のスーパーマーケットチェーンのCarrefourと協力して行ったのは、子供用ショッピングカートを用意するということ。カートには仕切りがついていて、それぞれ『野菜と果物』『炭水化物(全粒穀物)』『タンパク質』『乳製品』という4つのセクションに分かれています。

親子で食料品の買い物をする際、この種類別に食品を分類し、全てのセクションに商品を入れていくことによって、栄養バランスのとれた食事を作るための買い物をすることができるという仕掛けです。

店内の商品には可愛らしいポップをつけ、子どもたちが楽しく買い物ができるような工夫も。

この取り組みは、ローンチしてからわずか2か月で95,000件のインプレッションを獲得し、また野菜や乳製品の売り上げも急伸するなど、大きな成果を上げることに成功しました。

専門家によると、大人よりも子供の方が、新しい食べ物や料理に対して柔軟に受け入れることができるのだとか。健康な食生活について、親子で考えるきっかけを提供した、ネスレのキャンペーンでした。