Case:Let It Out!

アイスランドの観光局が実施したユニークなキャンペーンをご紹介。

叫ぶという行為がストレスや緊張をほぐすのに役立つと言われていることを受け、同局は世界中から”叫び声”を募集するキャンペーンを実施。特設サイトにて、悲鳴や叫びを録音することができるようにしました。

さらに、録音した音源はアイスランドの7箇所に設置されたスピーカーを通して再生。スピーカーの設置場所は、レイキャネス半島のフェスターフィヤルの頂上やスコガフォスの滝などさまざまで、自分の悲鳴をどこで再生するかは選択できるとのこと。つまり、まるでアイスランドで叫んでいるかのような状況を作り出すことができるのです。

叫ぶには、大きく、広大で、手つかずな場所が最適ということで、アイスランドこそが叫ぶのに最適な場所だとアピールしました。

特設サイトでは、世界中から集まった叫び声を聞くこともできます。

コロナ禍でストレスやイライラが溜まった人々には救いになるかも?
時代に合わせたクリエイティブで柔軟なキャンペーンでした。