More than you see

毎年6月にブラジルのサンパウロで開催されるプライドパレードは、LGBTQIA+の文化を称え、さまざまなアイデンティティを持つ全ての人を受け入れようと呼びかける世界最大級のイベントです。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で11月に延期されることが決定しましたが、The Body ShopやAvonなどを展開する大手スキンケアブランド・Natura&Coは、本来パレードが開催される予定だった6月14日に合わせ、テレビCMを放送しました。

ブラジルのほか、チリやアルゼンチンなど南米各国でオンエアされたCMは、トランスジェンダーであるブラジル人アーティスト・Linikerさんのナレーションとともに、LGBTQIA+の人たちが次々と映し出されていくという内容。

映像の中で、Linikerさんは次のように語ります。

私たちはLGBTQIA+であると同時に、それ以上の存在です
看護師であり、アーティストであり、活動家です
子供を持つことを望むカップルであり、父親であり、母親です

さまざまな性的志向やバックグラウンドを持つLGBTQIA+の人びとですが、その前にひとりの人間なのだ、とメッセージを発信しているのです。

Natura&Coは数年前からLGBTQIA+の認知度を高め、平等を推進する啓発活動を行ってきました。パレードは延期になってしまいましたが、その信念をしっかりとアピールしたテレビCMのご紹介でした。