Case: Tide Ad

洗剤ブランド・Tideが2018年のスーパーボウルで実施したCMをご紹介。
国内の有名CMを片っ端からパロディし、自社のCMにしてしまったのです。

まずは試合の第1クオーターに流れたCM。山の上をさっそうと走る車・・・

・・・と思いきや、運転席の男性が「これはTideの広告です」

バーカウンターを軽快にすべるビール

・・・を受け取らずに「俺はビールよりTideだぜ。」

たそがれる2人も「やっぱTideだよなぁ。」

「保険をお考えのあなた、Tideで洗濯しませんか?」

「男の身だしなみ、Tide。」

「スカッとさわやか! Tide!」

「というわけで、スーパーボウル中のCMは全部TideのCMに見えることでしょう」

『お、キレイな服! と思ったら、それはTideで洗ってます。』

怒涛のパロディCMは、第2クオーターにも。

「上り詰めた男たちの・・・」

「Tide。」

そして第3クオーター。

「サラ、サラ!」

「これもTideのCMなんだ。」

このCMを見た視聴者からは、SNSにコメントが殺到。

「TideのCM、イケてんな」

「全部のCMがTideのCMに見えてきた」

「むしろこの試合全部TideのCMなんじゃないか?」

「いや、むしろ俺らの人生そのものがTideのCMなのかも・・・」

さらにはCMにとどまらず、試合カード画面までTideのCMに!

ライバル会社の公式Twitterまで「これはTideのCMではありません」と乗っかりツイートする事態に。

人気テレビ番組でも出演者たちがCMのモノマネをし、話題になりました。

この奇想天外なCMキャンペーンは合計680のメディア露出を獲得し、36億ものインプレッションを獲得。売上も35%上昇しました。

実は日本でも・・・

日本でも日清食品が「2020 年!地元から沸かせ!#地元CM フェス」と題し、全国のローカルCMを完全コピーしたCMを制作。話題となりました。

何度も流れるテレビCMは「あるあるネタ」として、人々の記憶に刷り込まれているもの。そんな気持ちに訴えかけ、自社のブランドをこれでもか!とPRするという、シンプルだけれど強力な施策でした。パロディの完成度の高さに「元ネタ」への愛情を感じ、それがまたブランドの好感度につながっている点も秀逸です。

(via Activation Ideas)