Case: Can’t Touch This Phone

イタリアの音楽レーベル・Sing Sing Musicがコロナ下で実施したユニークなキャンペーンをご紹介。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため積極的な手洗いが呼びかけられていますが、携帯電話を使ったあとの手洗いはなかなか意識しないもの。

何度も手が触れる携帯電話の表面には、多くの雑菌が宿っていると言われます。コロナウイルスも例外ではありません。

そこで、携帯電話に手を触れる前に注意喚起するべく、M.C.ハマーの名曲「「U Can’t Touch This」をアレンジした着信音を公開したのです。

着信音は、特設サイトから無料でダウンロード可能。SNSを通じたシェアも呼びかけられています。

元ネタ「U Can’t Touch This」

「U Can’t Touch This」は、1990年代に一斉を風靡したM.C.ハマーの楽曲。もっとも、この曲で言う「U Can’t Touch This」「俺がスゴすぎて、お前は指一本触れられないだろ」という意味合いなのですが、いまとなっては本当に文字通りの意味に聴こえてしまうという…。なんとも運命のイタズラな感じもします。

いずれにしても、聞き覚えのあるヒットナンバーを題材にすることで多くの人を感覚的にハッとさせるアイデアは秀逸。これまでにない制限だらけで戸惑うコロナ禍ですが、音楽の力で少しでも楽しく工夫しながら過ごしていきたいですね。

(via Adeevee)