Case:Nowhere

人との間に一定の距離を保って生活を行うソーシャルディスタンスが新たな常識になっている昨今。
そんななか、スウェーデンのアルコールフリーなワインブランド・Oddbirdが提案した世界で最もソーシャルディスタンスを保っているレストラン“Nowhere”をご紹介。

同社は、Häringe自然保護区内に一時的にレストランを設立。
用意された席はたった6テーブルで、それぞれ他のゲストと一切接触しないようになっています。
たとえば森の中や海の上など、大自然の中にポツンと席が用意されているのです。

また、料理はストックホルムのレストランのシェフが手がけ、テーブルウェアはリサイクルされた家具や素材を使用しているとのこと。スウェーデン在住の人々を対象に、6月22日よりオンラインにて予約を受け付けを開始する予定です。

面倒でネガティブな印象だったソーシャルディスタンスという言葉を逆手に取り、新しい体験を提案したユニークな取り組みでした。

詳細は以下のリンクよりご覧いただけます。
http://oddbird.com/nowhere/