Case:Skittles| #OneRainbow

アメリカのお菓子ブランド・Skittlesが6月に発売したLGBT支援キャンディーをご紹介。
同社は、LGBTを応援するプライドマンスを記念して、自社の看板商品であるキャンディーのパッケージを灰色で制作しました。

通常、LGBTを支援する際には色とりどりのレインボーカラーが使われるのが一般的です。
実際に、6月にはあらゆるブランドが自社商品にレインボーを取り入れている現状があります。
しかし、同社はあえて灰色のパッケージを起用したのです。

しかも、灰色なのはパッケージだけではありません。中身のキャンディーも灰色なのです。
色は灰色ですが、味は5つのフルーツのフレーバーを味わうことができます。

パッケージを灰色にした意図としては、人々がレインボーにとらわれ過ぎているのではないかという問いかけがあると言います。通常はカラフルなキャンディーを販売している同社があえて色を排除することで、逆にLGBTの方々を支援したいというのです。

同社はこれまでに灰色のパッケージをカナダ、ドイツ、イギリスで起用していましたが、アメリカで起用するのは初めてとのこと。
各キャンディーは$1ごとにNGO団体・glaadに寄付されます。

色を取り除くことで、逆に多様性を強調したユニークな取り組みでした。