For once, Don’t Do It

5月25日にアメリカのミネソタ州で起きた、白人警察官による黒人青年の暴行死事件。青年が「息ができない」と訴えているにもかかわらず警官が首を抑え続け、その結果男性が死亡したという痛ましい事件です。

このニュースはまたたく間に全米に拡散し、抗議デモが各地で行われる事態へと発展。

そのような状況の中、NIKEが公開した人種差別に異を唱えるメッセージ動画『For once, Don’t Do It』が話題を呼んでいます。ナイキと言えば思い浮かぶ『Just do it』というタグラインを、正反対の意味にしたタイトルが印象的です。

今回だけは、しないでほしい

アメリカには何の問題もないかのような“フリ”はやめて

人種差別に背を向けないで

何の罪もない命が失われるようなことを、許してはいけない

言い訳はやめよう

この事件は自分に関係ない、だなんて思わないで

ただ座ってみているなんてやめて

自分には変えることなんてできない、なんて思わずに

共に変えていこう

以前にも、有色人種に対する不平等に抗議したNFL選手を広告等に起用するなど、人種差別問題に積極的に取り組む姿勢を見せているNIKE。

同社が5月30日にTwitterに投稿した上記の動画はこれまでに700万回以上再生され、多くの人々の賛同が寄せられています。