Case: The Sending Machine

テック企業・Publicis Sapienthが手掛けた社会ソリューションをご紹介。
フードバンクに集められた余剰食料品をより効率的に再分配するべく、「自販機型のフードバンク」を開発したのです。

BBCによると、イギリス国内におけるフードバンクの利用率は13%。まだまだ十分に稼働しきれているとは言えません。

しかもフードバンクに集約されるのは商店などから出た余剰在庫が中心。そのつど状況下に応じて「品揃え」が大きく変動します。

タイミングによっては、欲しい品物が「在庫切れ」となってしまったり、特定のものが多く余ってしまうことも。

より効率的に在庫を分配し、破棄される食品を減らすために考え出されたのが「自販機型フードバンク」です。

一見どこにでもある普通の自販機ですが、中では国内のフードバンクの在庫情報とリアルタイムに同期。

「いま受け取って欲しい食料」の情報が商品棚とティッカーで表示されます。


購入したい人はIDカードで認証し、普通の自販機と同じように欲しい商品を選ぶだけ。


希望する人に食料が行き渡ると「売り切れ」となります。

購入した商品はフードバンク側で梱包され、配達される仕組みです。


ごく普通に使い慣れている自販機のフォーマットを利用することで、消費者は背後にフードバンクの仕組みがあることをほとんど意識することなく欲しい商品が安価に手に入り、フードバンク側は在庫を効率的に減らすことが可能に。フードロスという社会問題をとてもスマートに解決する、まさに三方良しの秀逸なソリューションでした。

(via Activation Ideas)