Serious Tissues

イギリスに拠点を構えるChange Pleaseは、様々な事情によりホームレスとなった人たちの自立支援を行う社会的企業。路上で暮らす人たちにバリスタになるための研修を行うことで自活への道を提供し、高い評価を得てきた同社が、今回新たに新型コロナウイルスに関する取り組みをスタートしました。

Change Pleaseは1年ほど前から、ホームレス支援とは別に『Serious Tissues』と名付けた環境プロジェクトを進めています。これは100%リサイクル素材で作ったトイレットペーパーを販売し、その利益を気候温暖化を食い止めるための植樹活動に寄付するというものなのですが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大状況を憂慮し、同社は売り上げを医療従事者の支援に使う方針へと転換することに。

ウイルスと最前線で闘う医師や看護師の中には、同居する家族への感染を恐れて自宅へ帰らないことを選択する人が多いといいます。その宿泊費や交通費などといった見落とされがちなコストを肩代わりし、また長いシフト勤務を少しでも快適にするためのグッズなどを支給するために、Serious Tissuesの売り上げを使おうというのです。

Change Pleaseは、本来夏にローンチする予定だったプロジェクトを大幅に前倒し、4月30日にスタートしたとのこと。医療従事者への感謝の気持ちとともに、金銭面でのサポートも行う支援策のご紹介でした。