直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ事例・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、ホクレン農業協同組合連合会、フィンランド政府観光局、ハウス食品グループ本社、阪神電気鉄道、ヘソプロダクション/ヤマトの事例をご紹介(※内容はリリース時の情報に基づくものです)。

1: 牛乳を贈る助け合いプロジェクトで新型コロナと闘う人々にエール(ホクレン農業協同組合連合会)

牛乳を贈る助け合いプロジェクト「#COWエール」

ホクレン農業協同組合連合会は、「ミルクランド北海道」の事業の一環として、新型コロナウイルスの影響で需要が激減している北海道産牛乳・乳製品の消費拡大を目指すと共に、日本中に明るく元気なエールを送り届けることを目的としたプロジェクト「#COWエール」を5月12日(火)より開始。

本プロジェクトは、SNSのハッシュタグを活用し、「#COWエール」を付けて”⽜乳・乳製品を、飲んだり・食べたりする元気な姿”を消費者が投稿すると、1投稿=10円相当の支援として、1万投稿ごとに10万円相当を、新型コロナウイルスと最前線で闘う医療従事者やその関係者、また、新型コロナウイルスの影響を受けている人々、子どもたちのもとへと牛乳・乳製品の詰合せとして物資を支援するというもの。

さらに、北海道にゆかりのある著名人にも参加してもらい、新型コロナウイルスと日々闘う人々へのメッセージや牛乳・乳製品消費への呼びかけもおこなっていく。

2: 世界一幸福な国の幸せを体験できるオンラインプログラム(フィンランド政府観光局)

バーチャル Rent a Finn

Visit Finland(フィンランド政府観光局)は5月13日(水)より、「世界一幸福な国」フィンランドの幸せを体験できる「バーチャル Rent a Finn」を日本向けに5月20日(水)スタート。

自宅で過ごし、将来どんな旅行に出かけようかと思いを巡らす時間がある今、幸せをもたらすフィンランド人の自然なライフスタイルや日常生活をバーチャル体験することができる、ソーシャルメディアを活用した新しいプログラム。

これは、2019年に同局が展開した、フィンランド人の自然とともに生きるライフスタイルを実際に体験できる「Rent a Finn」キャンペーンを発展させたもの。フィンランド流に“食べよう”“リラックスしよう”“アクティビティを楽しもう”などのテーマで、体験型コンテンツをインスタグラムライブおよびキャンペーンサイトにて配信。応募をして選ばれた人は、ハピネス・ガイドと呼ばれる地元を知り尽くしたフィンランド人によるバーチャル・マンツーマン講座も受講できる。

3: 家庭の食品ロスをカレーで楽しく・おいしく削減(ハウス食品グループ本社)

“もっとカレーだからできること”プロジェクト

ハウス食品グループ本社は、家庭で期限が近づいた食材や日頃だと捨ててしまう食材を、捨てずにおいしく食べる解決策の1つとして“もっとカレーだからできること”プロジェクトをスタート、5月13日(水)より公式サイトを開設。日常の中で家庭の食品ロスをおいしく減らす家族の姿を描いたTVCMも、5月15日(金)より放送。

本活動では、食品ロスが各家庭からも出ていることを知るきっかけや、楽しく・おいしく食品ロスを減らすヒントを提供。例えば、「豆腐とキャベツのカレー」や「3種のお肉カレー」をはじめ、意識調査の結果判明した“食品ロスになりがちな食材”を使ったレシピなどを紹介している。

カレーなら、期限が迫った食材や日頃だと捨ててしまう食材も、意外な食材の組み合わせをスパイスがおいしくまとめてくれる、そんな“カレーだからできること”を通じて、家庭の食品ロス削減に繋げていきたいという思いから始まったという。

4: 全51駅の各駅で撮影したPRダンス動画で魅力発信(阪神電気鉄道)

#ほっとはんしん プロジェクト ~こころに寄り添い こころでつながる~

阪神電気鉄道では、阪神沿線の魅力を伝えるPRダンス動画「ぼくらの街の阪神電車2020」を5月14日(木)より公開。

阪神電車の全51駅を1駅ごとに、駅のホームや改札前、駅近くの観光スポットなどで5名のダンサーが踊る動画を撮影したもので、30秒に51シーンを盛り込み、次々にスポットが切り替わるのが特徴。また、阪神沿線に住む人や沿線の学校に通う学生、沿線で働く人など沿線に所縁のある人々も出演(収録は2020年2~3月に実施)。

また、同社による、新型コロナウイルスの影響で外出自粛や不安を抱えている人々があたたかな気持ちで過ごせることを目指して展開しているプロジェクト「#ほっとはんしん プロジェクト」の一環として、本動画の振付けをメインダンサーの後藤栞奈さんが解説する動画も同時に公開。

5: ロングセラー液状のり本物の容器を使った蜂蜜(ヘソプロダクション/ヤマト)

ヘソプロダクションは、「アラビックヤマト」の本物の容器を使った蜂蜜「はちみつアラビックリ!?ヤマト」を発売。

本商品は、ロングセラー文具・ヤマトの液状のり「アラビックヤマト」とのコラボ企画で、トーストやパンケーキなどに最適な「使いやすい」「手を汚さない」「ムダなくムラなくぬれる」蜂蜜になったもの。なお、全て本物の「アラビックヤマト」と同じ容器を使用している。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供いただいた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。