Case: Stay home Grandma

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大にともない、ロシアの広告会社・Kulepetovが作成した啓蒙ムービーをご紹介。
重症化のリスクにさらされる高齢者の家族を守るべく、ビデオ会議で祖母と交流を続ける孫とのやりとりを描いています。

ムービーは、家で生活する祖母の表情からはじまります。

戸棚をあけ、愛猫に餌をあげる祖母。


そんな祖母に孫は、ビデオ通話を通じて語りかけます。

部屋の壁には、孫との写真が。交流のひとときを祖母がとても大切にしている様子がわかります。


ビデオ通話しながら、孫とパソコンに挑戦。

ビデオ通話しながら、思い出を振り返るふたり。


しかしある日、祖母はふいに外へ出かけようとします。


玄関まで向かうも・・・

思いとどまり、部屋のなかで思案する祖母。

すると玄関の呼び鈴が鳴り・・・

出迎えると、そこには孫の姿が。


玄関には花束と手紙が届いていました。

孫に促され、手紙を見ると、そこにはひ孫が宿ったことを知らせる写真が。

家にいるあいだも、相手を思う気持ちは変わらない。ときにその気持が大きくなり、外に出たくなるときもあるでしょう。しかしひ孫に出会えるのも、、命あってこそ。この状況を一緒に耐え、これからも続く日々を共に歩もうと呼びかける、眼差しにあふれたムービーでした。

(via Ads of the World)