Case: 10 million stories

2019年、フォードの車種・マスタングが製造1,000万台を突破したことを受けて行われたPRキャンペーンをご紹介。
1964年に最初のモデルが出荷されて以来マスタングにまつわる「歴史」の数々を、ショールームの展示とともにSNS上のインフォグラフィックスで表現したのです。


「1964年、映画『007 ゴールドフィンガー』にてデビュー」

「1966年、アメリカのソウル/R&Bシンガー、ウィルソン・ピケットの曲『マスタング・サリー』がヒット」

「2005年、マスタングがPS2のゲームに登場」

「2013年、ドバイ警察のパトカーに採用」

「2017年、マスタングが販売台数の世界記録を更新」

これらのストーリーはSNS上でひろく拡散され、大きな話題を呼びました。

「製造1,000万台。もっとこの先も・・・」とフォードはメッセージを残しました。

約50年以上にわたってさまざまな時代を駆け抜け、いろんなストーリーを巻き起こしてきたマスタング。これからどんなストーリーへ私たちを連れて行ってくれるのか、期待に胸踊るPRでした。

(via Adeevee)