Case: 20-Second Soap

アイルランドのPR会社・Verveが新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため行ったキャンペーンをご紹介。
感染予防のために一定時間の入念な手洗いを促すため、普段使っている石鹸を切り分けて「ちょうど20秒で洗いきれるサイズの石鹸を作る方法」を案内するポスターを制作したのです。

用意するのは、一般的な手洗い石鹸とナイフ、そして水。石鹸をナイフで15mm四方に切り分けると、20秒で使い切れるサイズの石鹸が出来上がります。あとはこの石鹸を使い切るまでゴシゴシとすりあわせ、洗うことで、時間を意識せずとも入念な手洗いができるというわけです。


手洗いごとに時間をカウントするのはなかなか難しいし、十分に洗えたかどうかはなかなか実感がわかないもの。目に見える(この場合は石鹸が小さくなって溶ける)ゴールが定められることで生活者の「手洗いクオリティ」を一定に保とうという、秀逸なキャンペーンでした。

(via Ads of the World)