Case: Facejar

人の顔にはさまざまな雑菌やウイルスが付着しやすいもの。新型コロナウィルス(COVID-19)も例外ではありません。
感染防止のため、手洗いやソーシャルディスタンスのほかに「顔をさわらないこと」も重要ですが、ついつい無意識に触ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな状況を逆手にとり、アメリカの広告会社・Venables Bell&Partnersとデジタルエージェンシー・Firstbornが立ち上げた施策をご紹介。
ビデオ会議中の表情をカメラで自動検出し、「顔を触った回数」に応じて医療関係者への募金が発生するシステムを開発したのです。

特設サイトからアプリをダウンロードし、ビデオ会議システムのカメラデバイスとして設定すると、普段使用するWEBカメラに顔の検出機能が加わります。

会議中にうっかり顔をさわると、その回数に応じて金額が加算。その後ユーザーが了承すると、コロナウイルス治療の第一線で戦う医療関係者のマスク費として募金される仕組みになっています。


テレワークという、いま多くのワーカーたちが共通して行うことにスポットをあて、ついついやってしまいがちな行動を指摘することで気づきを与える。そして「うっかりやってしまった」罪悪感を昇華させ、医療関係者への支援につなげる── 日常生活の何気ない行動にチャリティを組み込んだ、ソーシャルグッドな施策でした。

Facejar | The virtual swear jar for your face from Venables Bell & Partners on Vimeo.

(via Ads of the World)