Case: The Covid Killers

インドの広告会社・Brainspun Filmsが制作した、新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のための外出自粛呼びかけCMをご紹介。
自宅のなかで繰り広げられる何気ない暮らしの風景に戦争映画の効果音を付け、「自宅に留まることで、コロナと戦おう」とメッセージを発したのです。

暗くモノクロで描かれた町並み。街のなかでは静かな戦争が行われています。

寝室のベッドでまどろむ女性。

入浴中の男性。シャワーの水音はいつしか、焼夷弾の降る爆撃音に変わっていきます。

キッチンで料理する音はマシンガンの発射音に。

ゲームのコントローラーを操作する音はショットガンの装填音に。

リビングでポップコーンを食べる音は機銃掃射の音で表現されています。

やがて家々の灯火が並ぶ風景が映し出され、「STAY IN FIGHT OUT (家に入れ、家で戦え)」というメッセージで締めくくられます。


コロナウイルスに対する特効薬がない(2020年4月10日現在)いま、市民レベルで行える唯一にして最大の対策は「家に留まり、外へ出ないこと」。
何もしないように見える暮らしそのものがコロナウイルスに対する「最大の攻撃手段」であることを伝える、ストレートな動画でした。

(via Ads of the World)