直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ事例・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、アニコム ホールディングス、江崎グリコ、フマキラー、カルビー/ロッテ、アサヒビールの事例をご紹介(※内容はリリース時の情報に基づくものです)。

1: 新型コロナ対策 ペットを無償で預かるプロジェクト始動(アニコム ホールディングス)

#StayAnicom プロジェクト

アニコム損保を子会社に持つアニコム ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症に対するペット飼育者の不安を少しでも解消できるよう「#StayAnicom」プロジェクトを開始。

本プロジェクトは、同社の保有する施設の一部を開放し、飼い主が隔離施設で生活する間や入院の間、そのペットを無償で預かるというもの。預かりの期間は、同社の獣医師を中心とした社員有志が世話をするという。申し込みは専用のフォームより受付。なお、最新情報は随時、同社のTwitter公式アカウントにて更新される。

2: どっプリ没頭できる!すみっコぐらし「おとな塗り絵」パッケージ(江崎グリコ)

おとな塗り絵にどっプリキャンペーン

江崎グリコは、4月14日(火)より、プリッツと人気キャラクター「すみっコぐらし」とのコラボレーションによる「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」を実施。

本キャンペーンでは、全15種類の塗り絵がデザインされた商品を期間限定で販売するほか、専用アプリでも、同様の塗り絵のダウンロードが可能。なお、完成した塗り絵の写真をTwitterまたはLINEで応募すると、抽選で500名に、プリッツオリジナルの、すみっコぐらしぬいぐるみマルチスタンドをプレゼント。

また特設サイト内では、応募投稿作品の紹介や、人気クリエイターによる塗り絵体験動画を公開。杏林大学名誉教授で精神科医の古賀良彦教授によると、塗り絵は、ストレスを取り除くにために大切な、レスト・レクリエーション・リラックスの全てを満たしてくれるという。キャンペーン応募期間は、第一弾が4月14日(火)~5月31日(日)まで、第二弾が6月1日(月)~7月13日(月)まで。

3: 子どもの成長を「新聞記事」風に自動加工できるジェネレーター(フマキラー)

フマキラー PLAY ACTIVE!「親バカ新聞」キャンペーン

フマキラーは、フマキラー PLAY ACTIVE!「親バカ新聞」キャンペーンを4月14日(火)より展開。初めての体験やチャレンジに成功した場面など、子どものなにげない成長の瞬間を「新聞記事」風の画像にして、記録として残すことができるジェネレーターを公開。

作り方は、特設サイトにて新聞の向きと色を選び、子どもの名前を入力、写真・見出しを決めて画像をダウンロードするだけ。また、新聞には「PLAY ACTIVE!」のプロジェクト大使である、ももいろクローバーZメンバーによる196種類もの応援コメントをランダムに掲載。本ジェネレーターは4月14日(火)~8月31日(月)の期間中、何度でも無料で利用が可能。

また、同社の公式SNSアカウントをフォローした上で「#親バカ新聞」のハッシュタグをつけ、作成画像をSNSに投稿すると、選ばれた4名分の投稿を、「朝日新聞」の新聞広告として掲載するキャンペーンも実施。応募期間は4月14日(火)~6月30日(火)まで。

4: お菓子本来の楽しさ追究・未来を創造するべく共同で研究所を設立(カルビー/ロッテ)

おかしな研究所

カルビーとロッテは、お菓子本来の楽しさを追究し、お菓子の未来を創造するために、4月13日(月)に共同で「おかしな研究所」を設立。活動の第1弾企画として「胸キュン」を共通テーマとした商品を発売。また、同研究所を舞台にした新Web動画を、同日よりTwitter公式アカウントおよび公式サイトにて順次公開。

本動画では、俳優の藤岡弘、さんが「おかしな研究所」の所長として登場。巨大お菓子が生息する「おかしな森」が実在することを知り、研究員と相棒「カルロッテ」とともに探検に出かけるストーリーが展開されている。森の中で巨大なお菓子を見つけた際の表情や、探検中に藤岡さんが研究員に話す「サバイバル知識」、藤岡さんの長女愛さんとの共演シーンや、相棒として登場する文鳥の「カルロッテ」とのやり取りにも注目だ。

5: 限定エコカップで「アースデイ東京2020」でのオンライン乾杯を提案(アサヒビール)

アースデイ東京2020

アサヒビールは、パナソニックと共同開発した「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した世界初(同社調べ)のエコカップ『森のタンブラー』を「アースデイ東京2020」オリジナルデザインで数量限定で通信販売するとともに、4月19日(日)15:15~15:45の時間帯、オンラインイベント『森タン ファンミーティング』を開催。4月15日(水)までの注文で「アースデイ東京2020」開催初日までに配送。

本イベントは、同エコカップを片手に、身近な環境問題から同エコカップにおすすめのカクテルレシピまで幅広い話題で双方向で語り合う“オンライン飲み会”。同エコカップ開発担当者がホストとなり、様々な人々に“森タンサポーター”としてコメントをもらいながら、一般参加者との交流も図るというもの。一般人も「アースデイ東京2020」公式サイトから誰でも参加可能。なお、世界的な環境イベント「アースデイ東京」は、毎年4月に代々木公園で開催されているが、本年は新型コロナウイルスの影響でオンラインにて開催される。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供いただいた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。