Case:Pastry flour

イスラエルの専門学校・Bezalel Academy of art and designが行ったパッケージプロジェクト”Pastry flour”をご紹介。

本プロジェクトでは、ペストリーの種類に応じた小麦粉のパッケージデザインを作成。
たとえば、こちらはユダヤ教徒が食べるパン・ハッラー用のパッケージ。

こちらは、トルコのパイ料理・ブレカ用のパッケージ。

こちらは、ピザ用のパッケージ。

というように、それぞれの小麦粉のパッケージデザインを分けて制作したのです。

デザインの違いによって、パンづくりをより感覚的で人間味のある体験に変えたかったとのこと。また、デザインだけでなく小麦粉の容量もペストリーに応じた最適な量に調整したといいます。

本プロジェクトは、専門学校のBezalel Academy of art and designのコースの一環として実施され、2019 Meyers Awardを受賞。デザインの力で、利便性とユーモアの両方を実現したパッケージプロジェクトでした。