Case:“Her”&“She” Chocolate Bars

チョコレートブランド・Hersheyがブラジルで実施したジェンダー・キャンペーンをご紹介。

同社は、3月8日の国際女性デーに当たり、パッケージに“HER”、“SHE”と書かれたチョコレートバーを発売。自社名の“Hershey”の綴りから“HER”と“SHE”を取ったとのこと。

チョコレートバーのパッケージはそれぞれ異なっていて、いろいろなイラストや仕掛けが施されています。 たとえば、ミュージシャンのYzalúやBruna Mendezのチョコレートバーには、QRコードがついていて、最新の曲を聴けるようになっています。

今回のキャンペーンは、女性クリエイターに対する尊敬の思いから実施したとのこと。パッケージには、ミュージシャンの他にも、イラストレーターのAna FláviaやAlessandra Lemos、作家のLuiza Mussnich、詩人のCamila Lordeloなど、さまざまな女性が取り上げられています。

また、同社は新たな女性のクリエイターの参加にも積極的です。ハッシュタグ#HerShe、#HerSheGalleryをつけて作品をSNSに投稿すれば、同社のインスタグラムで紹介される可能性があるといいます。

社名から上手く発想の転換を行なったジェンダー・キャンペーンの事例でした。