#ToiletPaperEmergency

現在世界的な流行を見せているコロナウィルス。感染拡大に伴う不安から、トイレットペーパーや除菌関連グッズが店頭から消えており、連日ニュースにもなっていますね。

この買占め騒動は、日本のみならずオーストラリアでも起こっています。そこで同国の新聞社NT Newsは、トイレットペーパーを買いたくても買えない人のためにユニークな取り組みを行いました。

通常の紙面に追加して挿入されたのは、8枚にもわたる空白のページ。活字は一切なく、NT Newsのロゴマークだけが薄くプリントされています。

実はこれ、トイレットペーパーを切らしてしまった時のために、と用意したもので、切り取り線に沿ってカットして使うことができるのです。

もちろん本物のトイレットペーパーのように柔らかいわけではなく、トイレにも流せませんが、NT Newsが本当に届けたかったのは、デマに囚われることなく冷静に行動しようというメッセージなのかもしれません。

オーストラリアでは、『#ToiletPaperEmergency』というワードがトレンド入りしており、買い占めに奔走する人たちをユーモアたっぷりに揶揄する画像や動画が数多く投稿されているそう。

現状日本でもまだまだ感染が広がり続けており、学校が一斉休校になるなど社会全体に波紋を広げていますが、一日でも早く事態が収束することを願いたいと思います。