Case:NSW Rural Fire Service

オーストラリアのニューサウスウェールズ州(NSW)の地方消防局が、ニューヨークのタイムズスクエアに掲載したサイネージ広告をご紹介。

同局は、Silvercastから寄贈された約20mのデジタルサイネージを使って、15秒の広告映像を作成。デジタルサイネージには、最初は森の様子が映っていますが、次第に火事が起こります。「このデジタルサイネージよりも高さのある山火事と戦うことを想像してみてください」という一文と共に、タイムズスクエアの明るい照明が炎に包まれていきます。

映像の最後には、「オーストラリアを守ってくれる勇敢なオーストラリアとアメリカの消防士、そして世界中からの支援に感謝します」と感謝のメッセージが綴られました。

同局によると、今回の山火事に当たり、個人や大企業、海外の消防パートナー、コミュニティなど、あらゆる分野からサポートを受けたとのこと。その好意に対し、デジタルサイネージを使って「ありがとう」と伝えたかったといいます。

世界中の支援と、30年ぶりの大雨によってなんとか収束を迎えたオーストラリアの山火事。PRとは異なる目的でのサイネージ広告の利用事例でした。