Something to Share

オランダのコーヒーブランド・Douwe Egbertsが、ベルギーで放送したテレビCMが感動的だと話題を呼んでいます。

家族の留守を見計らって、自宅に“パートナー”を連れてきた少女。

リビングでいい雰囲気になっていると…なんと父親が突然帰宅したのです。

あまりの気まずさに2階の部屋へ行くと、「3人でコーヒーでもどう?」というメッセージが。

父親は温かいコーヒーを淹れて、手をつないで降りてきた2人を迎え入れたのでした。

このCMを観た視聴者からは、「感動的」「職場で見たら泣きそうになった」といったコメントが寄せられています。

娘の同性の恋人、という家族だからこそちょっと話しずらいことも、温かいコーヒーがあれば自然と話せてしまうのかもしれませんね。戸惑いながらも、ありのままの娘を受け入れようとする父親の表情が印象的なCMでした。