Case:Nice Cream Premium Collection

アメリカ発のヴィーガン向けアイスクリームを販売するNICE CREAMが、中国で展開したパッケージデザインをご紹介。
同社のソフトクリームは、ココナッツミルクから作られた100%植物性のソフトクリームが特徴。カロリーが低いことから、現代の健康志向にもマッチし、注目を集めていました。

一般的に、食品メーカーの商品パッケージには食べ物や美味しそうなイメージの写真が多く使用されます。しかし、ご覧のようにNICE CREAMのパッケージはカラフルな色に文字が書かれているだけで、写真は一切使われていません。写真を入れない代わりに、健康志向の消費者へ向けて栄養素やカロリー数などの情報を強調して伝えたかったといいます。

食品業界のパッケージデザインに一石を投じたいという思いが込められた今回のパッケージデザイン。時代と人々の志向に合わせた取り組みでした。