Case:biscotti coffee cup

ニュージーランド航空のSDGsへのユニークな取り組みをご紹介。

同社は、乗客向けに新しいコーヒーカップの提供を開始しました。

なんとこのコーヒーカップ、ビスケットでできているのです。小麦粉、砂糖、卵、バニラエッセンス、天然のバニラフレーバーから作られているため、コーヒーを飲み終わった後、乗客はバニラ風味のカップを食べることができます。もちろん、途中で水漏れすることもありません。

現在は、オークランドのラウンジと一部のフライトで食用コーヒーカップを試用しているとのこと。今回のコーヒーカップに切り替えることで、年間約1500万個のカップが埋め立てられるのを防ぐことができる見積もりだそう。

各社がプラスチックの代替案を模索するなか、“エディブル”(食べられる)というキーワードは新しいソリューションになり得るかもしれませんね。