Case:Sova: But you harass your body 8 hours every night

スウェーデンの家具メーカー・SOVAの広告アプローチをご紹介。

昨今では、世界中で健康に気をつかう人々が増えています。日常的にヨガをしたり、野菜中心の生活をしたり、マインドフルネスの時間を設けたり…。しかし、そんな人々へ向けて、SOVAはある忠告をしました。「毎晩の8時間で、台無しになっているかも」と。

同社が言及したのは、夜の睡眠の時間。腰痛やしびれ、何度も目が覚めたりなど、睡眠中の何かしらの問題に身に覚えがある方もいるのでは? 日中、どんなに健康的に過ごしたとしても、夜の睡眠の質によっては本当に健康的とは言えないかもしれません。

睡眠の重要性を説くことで、自社商品であるベッドのPRに繋げたSOVA。時代を読みながらも、人々の生活のさらに一歩先を提示した秀逸な広告の事例でした。