Case:NIVEA MEN | Sensitive lange Version

化粧品ブランド・ニベアの新しい動画CMをご紹介。

同社は、男性向けのsensitive(敏感肌用)ラインをPRするに当たり、新しい動画CMを作成。CMでは、人類の歴史を振り返りながら、男性の“功績”にフォーカスしました。男性の歴史的な功績と聞くと、闘いやスポーツでの勝利などの“強い”イメージがあるかもしれませんが、同社は敢えて男性の“sensitive(敏感な)”部分に着目。たとえば、勝利したボクサーがライバルをハグするシーンや海賊の父親が娘の髪を結うシーン、亡くなる直前の父親に「愛してるよ」と伝えるシーンなどが撮影されました。

動画内では、「誇りになり、強くなり、敏感になりなさい」というナレーションを流し、強さは敏感さから来るというメッセージが込められました。本動画は、ニベア・スイスのYoutubeチャンネルで放送されているとのこと。

強さと繊細さという真逆のイメージをうまく組み合わせ、自社商品のPRに繋げたプロモーション事例でした。