plastic straws into vinyl records

世界中で愛飲されているラム酒ブランド・Bacardiと環境保護団体のLonely Whaleが、アメリカ国内55のバーと連携し、使用済みのストローからビニールレコードを制作するという取り組みを実施しています。

これは、年間800万トンにもなるという海洋プラスチックごみにスポットをあて、人々に広く考えてもらうために考案したキャンペーンで、各バーに収集用のボックスを置き、そこに捨てられたストローを回収、粉砕してレコードを作るのだそう。

収録されるのは、Major Lazer and Anittaの『Make It Hot』という曲。セクシーでアップビートなブランドのキャンペーンソングです。

今年3月には『ウミガメからの手紙』で海洋保全を訴えるなど、特にプラスチックストローの廃止に力を入れているバカルディ。

同社によると、十分な数のストローが集まり次第レコードの制作に入り、12月3日からLonely WhaleのHP(lonelywhale.com)で発売する予定だということです。