Case: #FirstPooWithBoo

大手ホテル予約サイトHotels.comがトイレ芳香剤ブランドPoo-Pouriとコラボした、ユニークなキャンペーンをご紹介。
ホテルにチェックインし、いざハネムーンの甘いひとときを過ごすカップルを襲いがちな「緊急事態」をカバーする“お助けアイテム”を販売したのです。

Hotels.comがユーザーを対象に行なったアンケートでは、全体の37%がパートナーとの「初めての夜」に緊張。そのうち73%もの人が土壇場で「まさかの緊急事態」に巻き込まれたと回答しました。

その緊急事態とは… 「お腹のゴロゴロ」

せっかくのいい雰囲気をニオイで壊したくない…! しかし事態は予断を許さない…
公開されたプロモーション動画では、そんな状況を緊迫感あふれるスポーツ実況風に描いています。

実況! カップル vs 胃腸

「さぁ、“絶対に負けられない戦い”がこれから幕を開けようとしています」

「素敵な部屋〜」「がんばって探したよ」

「わ〜景色が綺麗!」「日が沈んだらもっと綺麗になるよ…フフフ」

「って その前に俺のお腹が沈んできた…」
「ありがちですね」「実にありがちです」

「動きがぎこちなくなってきました」「走馬灯が見えてますね」

「ちょっと…外の風にあたってくるね」「え〜私も行く〜」

「出ました『空気読まない』」「ダブルでお腹痛くなるわー」

「切り札、ラウンジのトイレ!」「今度こそスッキリできるといいですね」

「「清掃中ーーーーーーーー!!!」」

「もう切れるカードがありません」「正面突破の構えでしょうか」

「さぁ運命のドアまであと30m…20m…」

「脇目も振らずゴールを目指します」「今度こそ決めたいですね」

「ガチャ」「(中から)キャー!!」

「トドメ!」「トドメの!!!!!!!」

「ただいまの瞬間、リプレイでご覧ください」「一周まわって軽く微笑んでますね」

「こんなことにならないためにも、Hotels.comとPoo-Pouriがお届けする『初夜のトイレ、その前に』スプレー」

「いい雰囲気になる前にとりあえず『シュー!』 このひと吹きで救われる恋があります」

「みなさんも『初夜のトイレ、その前に』 Hotels.comの特設サイトで部屋と一緒にご予約ください」

私たちにも思い当たるフシがありすぎるほどあるこのシチュエーション。コトが起こってから対策してはもう遅い。早め早めの準備を訴える、いろんな意味で顧客の気持ちに先回りしたキャンペーンでした。

(via PR EXAMPLES)