Case: A few friends are better than a few thousand followers

アメリカの大手ビールブランド・Miller Liteが、若い世代を対象に行った調査によると、21歳から27歳の約半数はSNSにかなりの時間を費やす一方で、親しい友人と実際に会う機会は月に数回もないのだといいます。

そんな現状を受け、同社は人々にSNSから少し離れ、人と人とのつながりを大切にしようと呼び掛けるCMを公開しました。

アパートで暮らす一人の男性。ある日家を出ようとすると、ドアの向こうには大勢の人が待ち構えています。

裏通りを走って逃げるも、どこまでも追いかけてくる群衆。よくみると、服装も履いている靴も自分の物とそっくりです。

どうやら彼らは自分の持ち物に興味があるらしいと気付いた男性。履いていた靴を脱いで放り投げ、奪い合いをしている隙に目の前のバーへと入ります。

すると中で待っていたのは気のおけない友人たち。

最後は…

A few friends are better than a few thousand followers
(数千のフォロワーより、数人の仲間のほうがいい)

というメッセージがあり、追ってきた人たちが男性の“フォロワー”だったことを示唆して終了。

ネット上の交流よりも、同じ時を過ごすことを大切にしてほしいと訴えるMiller LiteのCMでした。ちなみに同社はこの言葉をユーザーに先駆けて実行すべく、『現実世界で会いましょう』とコメントした下記の投稿を最後に、SNSの更新をストップしています。