Case: Infamous Since 1864

かつてロシア皇帝御用達を得ていたことで知られるウォッカブランドのスミノフが、グローバルキャンペーンを展開しました。公開されたのは、これまでに数々の困難を乗り越えてきたという、創業160周年を迎える老舗ブランドのヒストリー。

1860年にモスクワでウォッカの製造をスタートしたスミノフ。ロシア革命が勃発した際、皇帝に近しい関係であったがゆえに亡命せざるをえなかったというストーリーが、ショートフィルム仕立てで描かれています。

ロシアを追われ、フランスを追放され、たどり着いた先はアメリカ。

数々の困難に直面しながらも不屈の精神で再建し、今や世界ナンバー1の売り上げを誇るウォッカブランドとして成長を遂げました。

スミノフによると、同社がグローバルなキャンペーンを打ち出すのは25年ぶりなのだそうで、スタイリッシュなプリント広告やCM、デジタルコンテンツなど多角的に展開中です。