Case: Samsung Art Portals

サムスンがGalaxy S10の発売にあたり、ルーマニアで実施した一風変わったキャンペーンをご紹介。

今年5月、ルーマニアでは“The Long Night of Museums”と呼ばれるイベントが開催されました。これは、ルーマニアの首都ブカレストの150もの美術館やギャラリーが夜に無料で施設を開放するという企画。イベントは大盛況でたちまち行列ができる事態に。

そこに着目したサムスンはテクノロジーの力を利用して、より多くの人にアートをストレスなく楽しんでもらうキャンペーン“Samsung Art Portals”を行いました。

同社は美術館に展示されている絵画のキャラクターに扮した人物に新発売のGalaxy S10を持たせ、それらを通じて異なる美術館にいる人同士でライブチャットを実施してもらいました。

スマホによって繋がった初対面の人々は、まるで美術館のガイドになったかのように、それぞれの美術館の様子をスマホを通じて伝えながら交流することができます。Galaxy S10の特長であるカメラ機能によって、まるで目の前で絵画を見ているかのように細部まで美しい映像を楽しむことができるのです。

行列に並ぶことなく、一夜にして一箇所から複数の美術館を楽しむことができる本キャンペーン。人々の負を解消することで、新製品の特徴をうまくアピールした取組みでした。