Case: Sustentabilidad Caso

チリ最大の携帯電話キャリア・Entelの環境CSRをご紹介。
新しいモデルが出るたびに消費者から捨てられ、産業廃棄物になっていた旧モデルのスマートフォンを回収し、改造。新たな用途に活用するプロジェクトを実施しました。

次から次へと新製品が生まれる携帯端末業界の負の側面は、買い替えによって捨てられる大量の旧機種。

モノそのものは十分動くにも関わらず、すべてが産業廃棄物として処理されているのです。しかも、チリは南米のなかでもこの割合がトップクラス。

この汚名を返上するべく、チリ最大の携帯電話キャリアであるEntelは技術的な側面からプロジェクトを起こすことにしました。

その名は『La vita del planeta está en tus manos』。ポルトガル語で『地球はあなたの手のなか」という意味を持ちます。

このプロジェクトでは、引き出しの奥に眠っている旧機種のスマートフォンを“救出”し、自社の研究所でリサイクル。新たな製品として再び世に送り出すという企画です。

“材料”となるスマートフォンは、街角に設置した回収ボックスから調達。消費者はいらなくなったスマートフォンをボックスに入れることで、このプロジェクトに参加できるのです。

リサイクルされたスマートフォンの使いみちは「写真撮影用のライト」やラジオ収録用のマイクなどさまざま。もともと備えていた豊富な機能をそのまま活かし、新たな道具としてふたたび力を発揮しました。

このプロジェクトによって、15万台以上のスマートフォンが生まれ変わり、20トン以上もの廃棄物を減らすことに成功しました。

古い機種の多くが有効な機能を残したまま捨てられていることに着目し、機能をリサイクルすることによってエコを考える、携帯キャリアならではのCSRでした。廃棄された工業製品から鉱物資源を取り出す「都市鉱山」の考えに通じるものがありますね。