Case: Ocean Vinyl

近年、プラスチックごみが環境に与える影響が世界的に注目されていますが、これらのゴミが大量に捨てられる場所として真っ先に挙がるのが、ビーチとコンサート会場。

この事実に着目したイギリスのビール製造所のSharp’s Breweryは、海洋汚染そしてゴミ問題について人々に考えてもらうため、海岸に捨てられたプラスチックごみを使ってレコードを制作するという取り組みを実施しました。

同社はユニバーサルミュージックと協力し、海岸に落ちているごみをコラージュしてレコードをデザイン。収録されている曲は、シンガーソングライターで活動家としても有名なNick Mulveyの『In the Anthropocene』というタイトルです。

Sharp’s Brewery本社のあるコーンウォール地方は美しい海岸線が有名で、同社は地元の自然を守るために立ち上がったとのこと。楽曲はSpotifyおよびApple Musicで配信され、その売り上げはイギリスの環境保護団体・Surfers Against Sewageに寄付の活動資金として利用されるということです。