Case: “incomplete” project

バーガーキングがベルギーで実施した一風変わった取り組みをご紹介。

同社は、一押しメニューである“King deal”にすべての努力を注力したいからと、広告の作成が間に合わなかった旨をSNSで告白。そして、デザインデータを一般公開し、ファンに広告の制作を呼びかけたのです。

公開されたファイルには、ワッパーをはじめとする商品やロゴ、フォントなどのデザインデータが入っていて、ファンはこれらを使って広告を作成することができるようになっていました。

本来であれば、公開したくないような不完全な部分を見せることで、ファンの熱量に火をつけた今回の取り組み。広告デザインは未完成でも、広告効果は絶大なのでした。