直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、本間ゴルフ、江崎グリコ、キリン・ディアジオ、エムアイカード、浅田飴の事例をご紹介。

1:AI生成による“実在しないモデル”達がほぼ無限の着こなしを提案(本間ゴルフ)

Who am AI?

本間ゴルフは、同社直営店及び製品取扱店にて主に発売しているHONMA APPAREL 2019 FW COLLECTIONの「Who am AI?」(フーアム アイ)プロジェクトを発表。また、9月30日(月)からは、新宿駅にて“実在しないモデル”たちの交通広告を掲出。

本プロジェクトは、AIによって生成された架空の“実在しないモデル”たちが、HONMA APPARELの2019年秋冬コレクションのコーディネートを着こなすAI LOOK BOOKを展開。公式サイトでは、50パターンのコーディネートにAIがつくり出した「この世に一人としていない」モデルの顔を自動で当てはめ、限りなく無限の多種多様のルックがスクロールダウンするごとに次々と現れる仕組みとなっている。お気に入りのコーディネートを見つけたら、ECサイトから購入も可能。実在する人間と見分けのつかないクオリティの高さに注目だ。

2:クレアおばさんが歌手デビュー!? 「はじめてのシチュウ」を披露(江崎グリコ)

江崎グリコは、「クレアおばさんのシチュー」のプロモーションの一環として、1990年代のヒット曲「はじめてのチュウ」をクレアおばさんがカバーした「はじめてのシチュウ」のミュージックビデオを、9月30日(月)より公開。

本ムービーでは、クレアおばさんが“やさしく、味わい深い”歌声で、「はじめてのシチュウ~♪」と歌い上げている上に、子どもたちと一緒に、可愛らしいダンスに挑戦。子どもにも簡単で、思わず踊ってしまいたくなるような振り付けに注目だ。

3:スミノフが「OFF」が始まる金曜の夜の過ごし方を提案(キリン・ディアジオ)

キリン・ディアジオは、世界No.1 ウオッカブランド「スミノフ」が、10月4日(金)の「ナショナルウオッカデー」を皮切りに、週末=「OFF」の始まりである金曜日の夜を祝う「#スミノフライデー」施策を開始することを発表。

同企画は、スミノフの英語表記である「SMIRNOFF」に内包している「OFF」と、平日からOFFの週末へと切り替わる金曜の夜を、スミノフとともに一層楽しく過ごして欲しいという願いが込められているという。また、提携する料飲店でのプロモーション施策、スミノフ公式SNSなどで金曜日を祝う情報発信などを行っていく。

4:ゲームともコラボ連動 人気アニメデザインのクレジットカード(エムアイカード)

三越伊勢丹グループのエムアイカードは、人気アニメ「<物語>シリーズ」の10周年を記念した「<物語>シリーズ エムアイカード」を新たに発行し、9月30日(月)より同社のホームページにて会員募集を開始。本カードは、人気TVアニメ<物語>シリーズ初のクレジットカードで、入会特典のほか利用特典(オリジナルグッズ)がもらえるファン待望のカードとなっている。

また、ゲームコラボキャンペーンでは、10月以降、スマートフォンアプリ「<物語>シリーズ ぷくぷく」とコラボレーション。<物語>エムアイカードのデザインにもなっている忍野忍の書き下ろしイラストが、ゲーム内アイテム想絵馬(おもいえま)として登場する。

5:Bリーグチームとコラボしブースターの声を応援(浅田飴)

浅田飴は、B.LEAGUE 千葉ジェッツふなばしとのコラボ製品「#声炎に浅田飴」を、10月5日(土)のリーグ開幕戦より発売。本商品は、同チームカラーの「赤」をイメージしたアセロラ味で、声がれやのどの痛みに効果を発揮するシュガーレスのドロップ剤。大きな声援を送るブースターの「声炎」を応援。また、同チームの公式キャラクター「ジャンボくん」のオリジナルパッケージとなっている。

今年4月14日(日)の千葉ジェッツふなばしホーム最終戦にて「プロポリスマヌカハニーのど飴」を来場者全員に配布したことがきっかけで、多くの人からの要望を受け、今回商品の開発に至ったとのこと。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供いただいた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。