Case: The Beetle’s Abbey Road – Reparked Edition

世界中で今もなお変わらず愛され続ける、ビートルズの名盤『アビー・ロード』。今年はリリースから50周年を迎えた記念の年であることをご存知でしょうか。

このタイミングに合わせ、ユニークなプロモーションを打ち出したのが、スウェーデンのフォルクスワーゲン。

実はアルバムのジャケット写真の背景には、白のビートルが歩道に半分乗り上げる形で違法駐車をしているのですが、今回同社はこれを修正し“合法的に車を止めたバージョン”を制作しました。

(via Volkswagen)

こちらのクリエイティブはフォルクスワーゲンの『パークアシスト機能』のPRをしたもので、この技術があれば、自動で実施される最適なステアリングによって、決められたスペースにきちんと駐車することができるということを示唆しています。

あらたにデザインしたジャケット写真は、同社のHPにて179スウェーデン・クローナ(約1970円)で販売されており、その売り上げは子供の権利向上をサポートする同国の支援団体に寄付されるということです。