Case: The Sleep Ship

オーストラリアで大手家具販売のIKEAが、効果的な入眠を促すデジタルキャンペーンを12日間に渡って展開しています。

具体的な施策のひとつとして、YouTubeに独自のASMR動画(人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚を与える動画)、“IKEA Slow TV”を公開。

実は、この動画はライブ配信で、IKEAの家具を運ぶ船がアジアからオーストラリアへ向かう14日間の様子を映し出しています。

穏やかな海の様子や波の音でリラックス効果が期待できるといいます。また、映像のBMGにはIKEAの2020年のカタログが読み上げられ、ベッドのフレームから棚まで、さまざまな商品が紹介されていきます。

家具の提供だけでなく、利用シーンでの課題にも取り組む姿勢を示すことができる一風変わったキャンペーンでした。サウンドトラックはこちらからダウンロード可能です。