Case: #FindYourCanvas

ジンブランドのボンベイ・サファイアがアメリカ ロサンゼルスで実施した、アートと創造性に着目したキャンペーン#FindYourCanvasをご紹介。

同社は、クラウドソーシングによって絵画を完成させるというプロジェクトを実施し、オンラインで参加者を呼びかけました。参加者は特設サイト「Painted By Everyone」にアクセスして色とピクセルを選択することで、オンラインから絵画の作成に参加することが可能。

実際に絵画を描くのは2体のVTproのアーム型のロボットで、参加者は巨大なキャンバスに自分の指定したマークが描かれる様子をフィード内でリアルタイムに見ることができました。

(Image by BOMBAY SAPPHIRE Gin®)(Image by BOMBAY SAPPHIRE Gin®)

結果的に数万人の参加者が集まり、完成したアートワークは同社がスポンサーを務めるThe Other Art Fair LAにて9月5日〜8日の間に展示されます。なお、参加者は全員クレジットが表記されます。

また展示に加え、地元のアーティストによる参加型のワークショップやアート関連のアクティビティなどのプログラムも予定されています。さらに、同社はオンライン学習プラットフォームSkillshareのサブスクリプションを3ヶ月間無料で提供するとのこと。

同社は本キャンペーンを実施するに当たり、自分の創造性についてどのように感じているのかを11,000人以上に調査し、その結果、創造的で芸術的なことに時間を費やしたい人が90%、コスト次第では創造的スキルを学ぶためにクラスを受講したい人が96%というデータが出たといいます。

人々の内に秘めたクリエイティブを発見する機会を提供することを目的とした本キャンペーンを通じて、ブランドとしての存在感をユニークな角度から高める取組みでした。

(via PR Newswire)