Case: McCharge

年々、スウェーデンでは電気自動車(EV)の利用者が増えつつありますが、ある調査によると、電気自動車ドライバーの48%が「充電スタンドを見つけるのが難しい」と回答したという結果が出ています。

そんな市民の声に応える形で、マクドナルドがスウェーデン内のドライブスルー55拠点に電気自動車用の充電スタンドを設置しました。

同社は駐車場に電気自動車の充電ステーションがあることを示すために、店頭の大きな看板を利用。定番商品であるビッグマックとハッピーセットの価格よりも上上部に、充電スタンドの案内を掲示したのです。

マクドナルドが飲食店としてだけでなく、市民生活における有用な場所となることを示す取組みでした。