Case: No Squeak Broadcast

自動車メーカーのフォードがブラジルで、プロバスケットボールのテレビ中継にてユニークな方法で同車に備わっているモーターテクノロジーのPRを行いました。

バスケットボールの試合では、選手のスニーカーが床に擦れて“キュッキュッ”と鳴る音が観戦中の臨場感に一躍買っていると言えます。
そんな中、フォードは自社開発のテクノロジーを使って試合中のこの音を1分間消し去ってしまったのです。

マイク6台とミキサー2台を使用し、全5試合(各1分ずつ)のテレビ放送にて本試みを実施。途中で解説者が「スニーカーの音を消したのに気づきましたか?これはフォードのテクノロジーによるもので、この消音効果は道路のスリップ音を抑制するのにも活用されています」と説明する場面も用意されていました。

視聴者が自動車のことを想起しない「バスケットボールのテレビ中継」を自動車宣伝のメディアにした試み。ユニークな置き換えでバッタリ感を演出したプロモーションでした。