Case: World’s First Contactless Car Vending Machine

イギリスのカーディーラー・AutoTraderが行った調査によると、車を買おうとしている人のおよそ半数が「販売店での価格交渉が負担だ」と感じているそう。

高価な買い物ですから、少しでも多くの値引きを引き出したいと思う反面、ディーラーとの攻防が面倒だというのも本音ですよね。そこで同社は、“販売員とのやりとりなしに車を購入できる自動販売機”をロンドンに設置しました。

World's First Contactless Car Vending Machine by Auto Trader 16:9 from St Marks Studios on Vimeo.

オシャレな店が立ち並ぶオールドスピタルフィールズマーケットに突如置かれた、ガラス張りの箱に入ったルノーの電気自動車『Renault Zoe』。ディスプレイかと思いきや、実はクレジットカードで決済する自動販売機なのです。

販売価格は16,000ポンド(希望小売価格22,470ポンド)と、かなりの割引率。Auto Traderで売り出している実際の価格を自販機にも適用しています。

決済をスマホで行うと、その場で車のカギが受け取り口に落ちてくると同時にボックスのドアが開き、なんとそのまま車に乗って帰れる仕組みです。

イギリスでは80%もの人がCO2排出量が環境に与える悪影響について懸念しており、電気自動車の販売台数は1年間で6割も増加しているとのこと。これまでは車の購入といえば値段交渉が当たり前でしたが、消費者にとって不便な慣習をスッパリとやめてしまおうという考えが潔いプロモーションですね。