Case: Combat Сondensed Milk

2018年、ウクライナのチェルニーヒウ州で軍の弾薬庫が爆発する事故が起きました。幸い死傷者は出なかったものの、周辺に住む住民1万人以上が非難を余儀なくされるという事態に。

この街にはIchnyaというコンデンスミルク工場があり、ここでも特に被害はなかったのですが、爆発の規模が大きかったためか『工場が全て破壊された』との噂が出回るようになってしまったのです。

工場は何ら問題なく稼働しており、またIchnyaは軍を信頼しているというメッセージを広く発信するため、同社はコンデンスミルク缶の限定パッケージ『Combat Сondensed Milk』をデザインしました。

陸・海・空軍が活動する様子をイラストにしたパッケージは、6個セットになっており、横に並べると戦闘シーンを描いたひとつの絵になります。

これをメディアやブロガーに送付したところ、わずか3日でオンラインニュースやSNSなど52の媒体で取り上げられ、ブランドの想いを人々に伝えることに成功したそうです。

甘くて優しい味わいのコンデンスミルクとは程遠いイメージのイラストで、大きなインパクトを与えたDM施策でした。